探偵業は許可制である

探偵業は許可制である

皆さんはそもそも「探偵」になるためにどんなことが必要か分かっていますか。
少しあまり知られていないこの仕事に関してここで一緒に考えてみましょう。
まず「探偵」という定義ですが、個人であろうが団体であろうがそういうことは関係ありません。

 

彼らの仕事というのはクライアントからの依頼を受けて独自の「調査」を行い、その結果をまとめて依頼主に報告することです。
その積み重ねで報酬をもらうというのがプロの探偵というものなのです。意外なことかもしれませんが、この業務を行うのは「許可」というものが必要です。

 

皆さんはこのことをしっていたでしょうか。エリアによって異なりますが、各都道府県の警察署や管轄の公安委員会というところに「届出」をしてそれを受理してもらう必要があるのです。
さらに驚いたことに「探偵業法」という法律まであります。

 

ですからあまり社会的にはその詳細が知られていない仕事かもしれませんが、しっかりと規則や原則というものが定められている職業なのです。
興味のある方はこの法律をしっかりと調べてみるといいかもしれません。

 

例えば第二条の第一項には「聞き込み」、「尾行」、「張り込み」という非常に私たちが探偵に持っているイメージにマッチする単語も出てくるのです。
このようなものをチェックすると「リアル」な探偵の様子が分かるはずです。
こうした情報というのはもちろんインターネットなどで簡単に検索することができるようになっていますので、ぜひともチェックしてみることをまずはおススメします。